記事一覧<カードの利用停止・トラブル
2013年12月15日

クレジットカードでブラックリストに載る3つの条件とは?



スポンサード リンク


ブラックリストとは?


クレジットカードの世界で、ブラックリストという表現が良く使われていると思いますが、実際にはそのようなリストは存在していません。

個人信用情報機関に登録されている『金融事故情報』つまり、過去に『長期延滞』や『お金を借りたのに返済をしなかった事がある』などの、ブラック情報の事をブラックリストと呼んでいるだけです。

ですから、信用情報機関のデータベースに特定の人物だけを集めたようなリストが存在している訳ではありません。

信用情報機関とは?


個人信用情報を管理している情報機関の事で、現在は3つあります。

1) CIC(株式会社シー・アイ・シー)

クレジットカード会社や信販会社などが加盟している機関となります。

2) JICC(株式会社日本信用情報機構)

金融系や信販系などの機関となります。

3) 全国銀行協会 

銀行や信用金庫、農協が加盟している機関となります。

ブラックリストに掲載される3つの条件とは?


今後は、わかりやすいように「ブラックリスト」という言葉を使用していきます。

実際にブラックリストに載る条件として、もっとも代表的なのが下記の3つとなります。

1) 長期延滞や頻繁に延滞を繰り返している方。
2) キャッシングで借入しているのに、返済をしていない方。
3) クレジットカード会社から強制的に解約させられた方。


それでは、一つずつ見ていきます。

1) 長期延滞や頻繁に延滞を繰り返している方。

信用情報機関は原則として『61日以上の延滞より掲載される』となっているため、カード会社により違いはありますが、およそ『2ヶ月〜3ヶ月間』延滞状態が続くと、ブラックリストに載ってしまいます。

では、61日未満の内に、支払いを済ませてしまえば問題ないのでは?と思うところではありますが、例え、数日遅れで支払いを終えたとしても、頻繁に延滞を繰り返していたらブラックリストに載ってしまいます。

これは、信用情報機関が独自に調査をして、ブラックリストに載せているのではなく、カード会社からの連絡を元に載せているためです。ですから、頻繁に延滞を繰り返していると、厳しいカード会社であれば、ブラックリストに載せられてしまう可能性は高くなってしまいます。

ブラックリストに載せるか載せないかの最終的な決定権は、カード会社にあるという事を忘れてはいけませんね。

2) キャッシングで借入しているのに、返済をしていない方。

これについては、説明の必要もないと思いますが、借りたお金を返さないのはいけませんよね。もちろんブラックリストに載せられてしまいます。

3) クレジットカード会社から強制的に解約させられた方。

1)と2)で述べた様な事を繰り返していれば、カード会社からの信用を失う事となり、要注意人物して認識され強制的に解約させられます。この様な場合でも、ブラックリストに載せられてしまいます。

また、上記以外にもブラックリストに掲載されるケースとして、『代位弁済』や『自己破産』などがあります。

ブラックリストに掲載されたらどうなるの?


いかなる理由があったとしても、ブラックリストに掲載されてしまうと、社会的信用を失う事となり、ほとんどの金融取引が出来なくなってしまいます。代表的な例としては、
  • 住宅ローンが組めなくなる。

  • 自動車ローンが組めなくなる。

  • 新規のクレジットカードへの加入が出来なくなる。

  • お金の借り入れをする事が出来なくなる。

  • 商品をローンで購入出来なくなる。

などがあります。

一度ブラックリストに登録された事故情報が解除となるには、延滞などの場合で延滞解消から5年間、自己破産などの場合で5年〜10年間となっています。※期間は信用情報機関により異なります。

このように、一度失った信用を取り戻すのには、非常に長い期間が必要となりますので、ブラックリストに掲載されないよう十分注意が必要となります。

信用情報の確認方法は?


ご自身の信用情報を確認したい場合は、『クレジットレポート』と呼ばれる、オンライン上のサービスを利用するか、各地にある信用情報機関に直接出向いたり、郵送などで取り寄せる事で確認する事が出来ます。気になる方は一度確認してみるのも良いかと思います。
posted by 真田 at 09:03 | カードの利用停止・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月15日

クレジットカードが利用停止になった!復活するまでの期間は?



スポンサード リンク


クレジットカードが利用停止になってから復活するまでには、一体どれくらいの期間が必要となるのでしょうか?
その前にまず、利用停止になる原因について少し触れておきます。

クレジットカードが利用停止になる原因(理由)は?


カードが利用停止になる原因にはいろいろとありますが、最も多い理由としては『限度額オーバーによる利用停止』と『延滞による利用停止』の二つではないでしょうか。

<<利用限度額とは?>>

カード会員にはあらかじめ利用可能な限度額が設定されていて、その上限額をオーバーしてしまうとカードを使用する事が出来なくなってしまいます。利用限度額とは1ヶ月単位で利用できる金額ではなく、カードを利用する事が出来る上限金額となっています。

<<延滞とは?>>

クレジットカード会社が指定している引き落とし日に、引き落としが出来なかった状態の事をいいます。



それでは『限度額オーバーによる利用停止』と『延滞による利用停止』二つのケースについて、利用停止から再開までの流れとそれにかかる期間について書いていきます。

利用停止から再開までの流れは?


<<利用限度額オーバーの場合>>

限度額オーバーによる利用停止 ⇒ カード会社の引き落とし日 ⇒ カード会社による入金確認 ⇒ 利用停止解除 ⇒ カード利用再開の流れとなります。

<<延滞による利用停止の場合>>

延滞による利用停止 ⇒ カード会社の指定口座、又はご自身の銀行口座へ入金 ⇒ カード会社による入金確認 ⇒ 利用停止解除 ⇒ カード利用再開の流れとなります。

利用再開までにかかる期間は?


カード会社が入金を確認してから利用再開までにかかる時間は、『限度額オーバー』『延滞』ともにカード会社やご自身の過去の利用履歴によって異なってしまいますので、一概にいつカードが復活するのかと断言する事は残念ながら出来ません。

ですから、いつ利用停止が解除になるかは直接カード会社に確認を取るしかありません。
一般的には3〜10営業日となっています。(過去の延滞履歴などにより変わってきます)

入金したのだから当日または翌日にはカードが使えるのでは?と思う所ではありますが、カード会社は入金の有無をリアルタイムで確認している訳ではなく、システムを利用して自動で会員情報を更新しています。更新されるまでの期間としてある程度時間が必要となっているようです。

延滞による利用停止は別のカードもすぐに使えなくなる?


延滞によってクレジットカードが利用停止になった場合でも、他社のカードがすぐに使えなくなる訳ではありません。

なぜかと言いますと、延滞などの情報はカード会社同士で直接共有しているのではなく、個人信用情報機関を通して伝わります。

ですから、新規にカードを作る時やカードの更新時期、増枠依頼などでカード会社が個人信用情報機関に照会をかけるまで利用停止の情報が伝わる事がないためです。

posted by 真田 at 20:29 | カードの利用停止・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月13日

クレジットカードが使えない!?利用停止になる10つの原因!



スポンサード リンク


クレジットカードが使えなくなる10つの原因!


お店でクレジットカードを使おうとしたら、店員さんに「このカード使えませんが・・・」って言われた事、ありませんか?
では、どのような原因(理由)があって、カードが使えなくなるのでしょうか。その原因として考えられるのは、下記の10つとなります。

1) クレジットカードの利用限度額を超えていた。
2) 延滞をしていてカードの利用を止められていた。
3) 磁気の異常が発生した。
4) 暗証番号が間違っていた。
5) 有効期限が切れているカードを利用していた。
6) 不正探知システムにる利用停止。
7) ショップ店員のミス。
8) クレジットカード会社と提携してない加盟店(販売店)だった。
9) クレジットカード現金化による利用停止。
10)支払い能力による利用停止。


それでは、一つずつ解説していきます。
1) クレジットカードの利用限度額を超えていた。

カードが使えない理由として、最も多いのではないでしょうか?
カード会員には、あらかじめ利用可能な限度額が設定されていて、その上限額をオーバーしてしまうと、カードを使用する事が出来なくなってしまいます。利用限度額とは、1ヶ月単位で利用できる金額ではなく、カードを利用する事が出来る上限金額となっています。

2) 延滞をしていてカードの利用を止められていた。

利用代金の引き落とし日に、銀行口座の残高不足によって、引き落としが出来なかった場合は、カードが利用停止になる場合があります。

延滞とは、各クレジットカード会社が指定している引き落とし日に、引き落としが出来なかった状態の事を言います。

3) 磁気の異常が発生した。

クレジットカードの裏面を見ると、黒い帯状の部分があると思います。そこが磁気と呼ばれていて、その部分が異常をきたして使えなくなる事があります。

カードの磁気自体の問題であれば、カードを再発行してもらう必要がありますが、電子機器や、磁力を発する物が近くにある事で、異常をきたす場合もあります。

4) 暗証番号が間違っていた。

ICチップが内蔵されているクレジットカードを使用し、さらにお店側も、それに対応した端末を導入していた場合は、サインではなく暗証番号の入力を求めてきます。

その際、暗証番号を間違えてしまうと、カードを使う事が出来なくなってしまいます。カードを複数枚持っていて、それぞれ暗証番号も違うと、間違えてしまいそうですね。

5) 有効期限が切れているカードを利用していた。

クレジットカードの更新日が近付くと、カード会社から新しいカードが送られてきます。新しいカードが届いたら、古いカードはハサミなどでカットして、処分される事をおすすめします。
有効期限は、カード表面に書いてある「MONTH / YEAR」などで確認する事が出来ます。

6) 不正探知システムにる利用停止。

不正探知システムとは、カード利用者の購入した商品履歴、利用した場所や時間帯などの傾向をデータベース化し、カード会員がそれらとは違う行動パターンなどをすると、自動的にコンピュータがカードを利用停止にするシステムの事です。

主に海外での使用で、利用停止になってしまう事が多いので、海外へ行かれる前には一度、カード会社へ連絡しておくと良いかと思います。


7) ショップ店員のミス。

お店でカードを利用した際に、店員の方が慣れていなくて、操作間違いをした事によってカードが使えなくなる事があります。

8) クレジットカード会社と提携してない加盟店(販売店)だった。

最近では、ほとんどのお店でクレジットカードを利用する事が出来きますが、すべてではありませんので注意が必要となります。また、加盟店であった場合でも、ご自身が持っているカードのブランドが、対応しているかどうかの確認も必要です。

お店の入り口やレジの前には必ず、利用可能なブランドのロゴ(VISAやJCBなど)がありますので、カードを使用する前には確認する事をおすすめします。ご飯を食べた後にカードで支払うつもりが、カードが使えず、手持ちもないって事になると大変ですよ・・・。

9) クレジットカード現金化による利用停止。

すべてのクレジットカード会社は、規約により『クレジットカード現金化』を禁止していますので、発覚すれば利用停止になってしまいます。

クレジットカード現金化とは、お金を借入できるキャッシング機能とは違い、ショッピング枠を利用して現金を手にする行為の事を言います。

主に業者を通して行われる事が多いのですが、業者から商品をカードで購入し、その場ですぐに買い取ってもらいます。もちろん、購入した金額より、少ない額での買取りとなります。

業者の利益は、その差額分となっており、カード利用者は、その分損をしますがすぐに現金を手にする事が出来ます。ですが、その差額分はキャッシングなどで借入するよりも、高い金利になる事の方が多いため、最終的には債務が膨らんでしまう危険性があります。

10)支払い能力による利用停止。

ローンを組んで、高額商品を購入しようとした際、カード会員の支払い能力を疑われて、利用停止になってしまう場合があります。


この他にも、カードが使えなくなる原因はあると思いますが、上記10つが代表的な例ではないでしょうか。

利用停止から再開までの期間についてはこちらへ→クレジットカードが利用停止になった!復活するまでの期間は?

posted by 真田 at 17:05 | カードの利用停止・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月10日

クレジットカードの引き落とし日に残高不足。気になる4つの事!



スポンサード リンク


クレジットカードの利用代金が、引き落とし日に引き落としされない主な原因は、『銀行口座の残高不足』によるものとなります。また、各クレジットカード会社が指定している引き落とし日に、引き落としが出来なかった状態の事を『延滞』と呼びます。

残高不足になってしまう原因(理由)は?


残高不足にならないよう気を付けてはいたんだけど、引き落とし日に入金ができない、又は、間に合わなかった原因としては、何があるでしょうか?

・忙しかったので入金を忘れていた。
・引き落とし前に予想外の出費が発生した。
・予想金額より引き落とし額が多かった。


他にも色々と原因はあると思いますが、総じて『ついうっかりしていた』というのが多いのではないでしょうか。

引き落とし日に残高不足。どうなるの?


引き落とし日に残高不足によって、引き落としが出来ず延滞となった場合には、ペナルティーはあるのでしょうか?
気になるのは下記の4つではないでしょうか。

1) クレジットカードが利用停止になってしまうの?
2) 延滞金は発生するの?
3) ブラックリストに載ってしまうの?
4) 解約させられてしまうの?


それでは、一つずつ見ていきます。

1) クレジットカードが利用停止になってしまうの?

クレジットカード会社によって異なりますが、基本的にはすぐに利用停止なるわけではありません。

残高が足りず、引き落としが出来なかった場合、ほとんどのカード会社から『再度口座引き落とし』をしますという通知や連絡が来ますので、その日までに代金を入金していれば問題ありません。もちろん、早める事が可能であればすぐにでもカード会社に連絡をして入金した方が良いです。

最近では、一度の延滞であっても振込みが確認されるまで、利用停止になるカード会社が多くなっていますので注意が必要です。

ですが、指定された日に入金が間に合わず、その後の再引き落としにも応じなかった場合は、クレジットカード会社から利用停止の通知が届き、カードを使用する事が出来なくなってしまいます。(直接電話が掛かってくるカード会社もあります。)

2) 延滞金は発生するの?

延滞をすると「遅延損害金」が発生してしまいますが、「グレースピリオド」と呼ばれる、延滞をしても延滞金を請求されない猶予期間がカード会社にはありますので、すぐに支払いをすれば延滞金が発生しないケースもあります。

遅延損害金とは返済期日を守らなかった場合に発生する損害賠償金のことです。ちなみに、ショッピングの場合は年利14.6%が上限となり、キャッシングの場合は金利の1.46倍までと法律によって決められています。
算出方法は以下の通りです。

<<ショッピングの場合>>
請求元金 × 遅延損害金年率 ÷ 365(日) × 支払い期日経過日数 = 遅延損害金

<<キャッシングの場合>>
借入残高 × 遅延損害金実質年率 ÷ 365(日) × 支払い期日後経過日数 = 遅延損害金

3) ブラックリストに載ってしまうの?

すぐにブラックリストに載ってしまう事はありませんが、カード会社の内部情報データには、記録として最低でも5年位は残ってしまいます。しかし、クレジットカード会社からの督促状にも応じなかった場合には、ブラックリストに載ってしまいます。

一般的には、カード会社の引き落とし日から61日以上経過しても、入金が確認出来なかった場合に、ブラックリストに掲載される事が多くなっています。

どんな諸事情があった場合でも、一度、個人信用情報機関に『事故情報』として記録されてしまうと、5年間は消えませんので注意が必要となります。

4) 解約させられてしまうの?

こちらも、すぐに解約させられる事はありませんが、やはり延滞を繰り返していれば、強制解約させられてしまいます。



最後に。


クレジットカードの利用代金を、給料日などの関係でカード会社本来の引き落とし日ではなく、再引き落とし日での引き落としを繰り返している方がいらっしゃいましたら、すぐにでも改善された方が良いかと思います。

毎月きちんと支払いはしているから問題ないと思うところではありますが、本来の引き落とし日から一日でも遅れた時点で、延滞扱いとなってしまいます。

確かに、1度や2度の延滞ではペナルティーを受ける事はほとんどありませんが、頻繁に行っていると高い確率でカードを使用できなくなるなどの措置を取られます。

もしも、ブラックリストに載ってしまうような事にでもなったら大変ですよ。


クレジットカード会社はあくまで、カード会員の利用代金を立て替えているだけですので、引き落とし日に残高不足にならないように、前もって預金残高を確認される事をおすすめします。

posted by 真田 at 16:37 | カードの利用停止・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。