記事一覧<紛失・盗難・不正利用
2014年01月12日

クレジットカードスキミング被害の対策方法とその手口とは?



スポンサード リンク


スキミングについて書いていく前に、カードの分類について少し触れておきたいと思います。

カードの分類について


カードは『接触式カード』と『非接触式カード』の2つに分類されています。

<<接触式カードとは?>>

クレジットカードやキャッシュカード、ETCカードなどを指します。カードの表面にある金色の端子(ICモジュール)と、読み取り装置を直接接触させる事で通信を行います。

<<非接触式カードとは?>>

Suica(スイカ)やICOCA(イコカ)、Edy(エディ)やnanaco(ナナコ)などを指します。こちらは、カードに内蔵されているアンテナを利用して、読み取り装置と電波で通信を行います。

それでは、スキミングについて書いていきます。

スキミングとは?


他人のクレジットカードやキャッシュカードの磁気記録情報を、特別な機器を用いる事で不正に読み出し、コピー(複製)して使用する事です。

スキミングの方法(手口)とは?


スキミングには『スキマー』と呼ばれるカード情報を読み取る機器が使われ、カードの磁気部分をスッ通すだけですべての情報が抜き取られてしまいます。

そしてそのまま別のカードに書き込めば、本物のクレジットカードと同じように使う事が出来てしまいます。スキマーのタイプには、『設置タイプ』と『携帯タイプ』の2つがあります。

<<設置タイプ(接触式)>>

お店のCAT(信用照会端末)に細工をする事でスキマーを仕掛けます。そのためカードが利用できるすべての店舗で、被害にあう可能性があります。犯行は第三者によるものや、お店の従業員など要因は様々です。

<<携帯タイプ(非接触式)>>

設置タイプとは違い、財布が入っていそうなカバンなどにかざすだけで、情報を抜き取られてしまいます。サイズもタバコサイズとかなり小型になっていますので、その場で被害に気付くのはなかなか困難といえます。

ただし通信範囲はそれほど広くなく対象者に近付く必要があるため、満員電車やエレベーターなど、人が込み合うような場所での被害が中心となります。

上記以外にも空き巣に入られて、カード情報を盗まれてしまう事もあります。

そして、スキミングにおいて最も怖いのは、カード情報を盗み取られていても、実際の被害にあうまで気が付かない事です。
では被害にあわない為には、一体どのような対策を取ればいいのだろうか?

スキミングの被害にあわない為の対策とは?


スキミングの被害を100%防ぐ方法は残念ながらありません。
ですが、被害にあう確率を下げる事は出来ますので、その方法を『接触式』と『非接触式』に分けて紹介していきます。

『接触式カード』(クレジットカードやキャッシュカードなど)


クレジットカード

  1. うさんくさくて信頼出来ないようなお店ではカードを利用しない。
    ※海外での利用は特に注意が必要です。

  2. カードを預けての会計はしない。

  3. カードを利用する際には、カードから目を離さない。

  4. 暗証番号は第三者にわかりやすい様な数字にしない。

  5. 請求明細をこまめにチェックする。

キャッシュカード

  1. ATMを利用する際は、極力銀行のATMを利用する。

  2. 利用明細書を適当に捨てるのではなく、自宅で処分をする。

  3. 暗証番号は第三者にわかりやすい様な数字にしない。

  4. 通帳をこまめに記帳しチェックする。

クレジットカードとキャッシュカード共通部分

現在最も有効な対策と言われているのが、磁気カード→ICカードや生体認証システムを利用したICカードへの変更となります。ただし、ICカード対応のATMや店舗は多くありませんので、変更する際は注意が必要となります。

※生体認証システムとは・・・指紋や声紋、網膜などにより、本人確認をするシステムの事です。

<<ICカードとは?>>

IC(集積回路)チップを組み込んだカードの事をいいます。
カード内の扱える情報量が、従来の磁気と比べて数千倍となり、さらにはカード自体で計算が出来るなど非常に高性能となっています。

扱う情報はCPUが制御していますので、外部からの不正なアクセスによる改ざんや、読み出しといった事が非常に難しくなります。そのため、セキュリティ面において有効な手段となっています。

『非接触式カード』(スイカやイコカなど)


スキミングを防止する財布やSKIM BLOCK(スキムブロック)などの防犯グッズを利用します。

スキミング対策のまとめ。


非接触式カードでのスキミング被害は、高額になる事はほとんどありませんが、接触式カードのクレジットカードやキャッシュカードでの被害は高額になる事が非常に多いです。そのため空き巣対策として、自宅での保管場所にも工夫が必要となります。

とても重要な事を書き忘れましたが、
携帯タイプの非接触式スキマーは、非接触式カードのみ有効となっています。ですから、クレジットカードやキャッシュカードなどの接触式カードに対しては使用する事は出来ません。

もし、スキミング被害などの不正利用にあった場合には迅速な対応がとても重要となります。クレジットカードには、不正利用による被害を補償するための救済措置として、『盗難保険』と呼ばれるサービスが付帯されています。


posted by 真田 at 00:49 | 紛失・盗難・不正利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月03日

クレジットカードを紛失した場合に取るべき2つの行動とは?



スポンサード リンク


紛失や盗難に気付いた時点で、最初に取るべき行動とは?


国内や海外でクレジットカードを紛失したり、盗難の被害にあった場合は、速やかにカード会社へ連絡をし、カードを利用停止にします。

カード会社への連絡が遅くなればそれだけ、不正利用の被害にあう確率もあがってしまいますので、まずは連絡をして、利用停止にする事がとても重要となります。その後、カードの再発行手続きを行います。

紛失や盗難にあった場合の連絡先は?


クレジットカード会社には、紛失・盗難受付デスクと呼ばれる専用の窓口が設置されていますので、紛失や盗難の被害にあった場合は、そこに連絡をして手続きを行う事が出来ます。

最近では、土曜、日曜、祝日、さらには24時間体制で対応してくれるカード会社も増えてきていますので、もしもの時に備えて、携帯電話や手帳などにカード会社の連絡先を控えておく事をおすすめします。

カードを利用停止にした後に、取るべき行動とは?


カード会社に連絡をした際に指示があるとは思いますが、最寄りの警察署に紛失・盗難届けを出し、『盗難届証明書』をもらいます。この証明書は、盗難保険の手続きをする上で必ず必要となります。

盗難保険とは?


すべてのクレジットカードには、不正利用の被害にあった場合の救済措置として『盗難保険』が付帯されています。

これは、第三者によってカードが不正に使用されたと認められた場合のみ、発生した損害額をカード会社が全額補償してくれるというサービスです。

盗難保険が適用されないケースについてはこちらへ→クレジットカードが不正利用された!対処方法と6つの対策とは?

紛失や盗難にあった場合の手順(まとめ)


  1. 速やかにカード会社に連絡をし、クレジットカードを利用停止にする。
    その後、カードの再発行手続きをする。

  2. 最寄の警察署へ、紛失、盗難届けを出し、後日盗難届証明書を受け取る。


クレジットカードを再発行する場合に審査はある?


カードを再発行する際には、ほとんどのカード会社で再審査を設けています。ただし審査といっても、これまでの利用状況を確認する程度ですので、頻繁に延滞をしていなければすぐにカードを発行してくれます。

また、カードが再発行された場合には、カード番号も変わりますので、公共料金などをカード払いに設定している場合は、改めて申し込みが必要となります。

貯めたポイントは消滅する?


カードを再発行した場合でも、新カードへの移行手続きを行えば、今まで貯めたポイントはそのまま移行されます。

紛失したカードが見つかった場合は?


クレジットカードの再発行手続きをした後に、紛失したカードを発見した場合でも、そのカードはすでに利用出来なくなっていますので注意して下さい。
posted by 真田 at 21:55 | 紛失・盗難・不正利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月09日

クレジットカードが不正利用された!対処方法と6つの対策とは?



スポンサード リンク



不正利用とは?


他人のクレジットカードを偽造したり、情報を抜き出したりして、
第三者が勝手にカードを利用する事です。


このような不正利用の被害を補償するために、すべてのクレジットカードには『盗難保険』と呼ばれるサービスが付帯されています。

不正利用が発生する原因(手口)は?


1) クレジットカードの紛失・盗難

2) スキミング

スキミングの詳細記事:クレジットカードスキミング被害の対策方法とその手口とは?

3) 個人情報の流出

近年では、オンラインで買い物をする方も増えてきましたが、その際いろいろなデータが蓄積されていきます。
その個人情報がなんらかの原因(ウィルスや人為的によるもの)で第三者に漏れてしまう事があります。

大きく分けると上記3つとなります。

不正利用の被害にあった場合の対処方法は?


不正利用されたクレジットカードの番号や、請求書、引き落としの口座番号を用意した後に、クレジットカード会社の不正利用専用の窓口に電話をかけます

電話に出た担当者の指示に従い、本人確認や不正利用された金額、日時、請求先の社名をつげ、それまでの経緯を説明します。紛失や盗難にあった場合は、最寄の警察署に紛失、盗難届けを出す必要があります。


あとは、クレジットカード会社の調査結果により、第三者による不正利用が認められた場合は、カード会社からの請求が取り消されます。引き落としをされた後であっても、盗難保険が適用され代金は戻ってきます。

しかしながら、盗難保険が適用されない場合もあります。

盗難保険が適用されない3つの理由


1) 不正利用発生から期間が経ち過ぎている場合。
2) カード会員の過失があった場合。
3) キャッシング被害にあった場合。


1) 不正利用発生から期間が経ち過ぎている場合。

不正利用発生からの期間が経ち過ぎていると保険が適用されなくなってしまいます。カード会社によって若干異なりますが、基本的には不正利用が発覚した日からさかのぼって60日以内のものであれば保険が適用されます。

2) カード会員の過失があった場合。

過失には何があるのでしょうか?下記に例をあげてみます。

<<クレジットカードの裏に、本人のサインが書いてない場合。>>

カードの裏にサインをする事は不正利用の防止にもなっています。



<<クレジットカードの管理が不十分な場合。>>

カード会員本人にとって身近な人(家族や友人や恋人)に、日頃からカードを貸している場合は、保険が適用されない事が多くなってしまいます。

<<暗証番号が生年月日など、簡単な場合。>>

基本的に暗証番号は、第三者に推測されにくい番号にする必要がありますので、推測されやすい暗証番号にしている場合は保険が適用されない事が多くなってしまいます。

3) キャッシング被害にあった場合。

キャッシングに関しては、暗証番号を知られてしまったという過失がカード会員に発生してしまいますので保険が適用されない事が多くなってしまいます。



不正利用の被害にあわないための対策は?


はっきり申し上げると、不正利用を100%防げる対策は何もないのが現状です。
ですが、不正利用の被害にあう確率を少しでも抑える方法はいくつかありますので紹介していきます。

<<不正利用の被害にあう確率を下げる方法>>


1) クレジットカードの盗難

財布などの貴重品は常に手元に置いておく事がとても大切です。
カバンや洋服を預ける時も注意が必要となってきます。

2) スキミング

国内の普通のお店でカードを利用してスキミング被害にあう事はないと思いますが、うさんくさくて信用出来ないようなお店ではカードの利用はしない方が良いです。とくに海外での被害が多いようです。

3) 個人情報の流出

ネット上に個人情報を載せないというのが一番ですが、こちらもうさんくさくて信用出来ないような通販会社ではカードを利用しない方が良いです。

最近はショップレビューなどで、消費者の声が聞けるようになっていますので、そちらに目を通してから買い物してみても良いかと思います。また、通販会社だけではなく、自身のパソコン等のウィルス対策もしっかり行う必要もあります。

4) 暗証番号は第三者にわかりやすい様な数字にしない事

推測されやすい暗証番号にしてしまうと、不正利用が発覚しても盗難保険が適用されない事がありますので、推測されにくい暗証番号にする事がとても大切です。

5) 請求明細をこまめにチェックする事

もし不正利用が発覚した場合でも、その日からさかのぼって60日以内であれば盗難保険が適用されますので、こまめに利用履歴を確認する事がとても大切です。

6) 店員が不審な行動をしたお店を覚えておく事


など、まだまだあるとは思いますがどれも基本的な事ばかりになってしまいます。
結局のところ『自分自身が気をつける』という事が一番の対策ではないでしょうか。
posted by 真田 at 09:03 | 紛失・盗難・不正利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。