Topカードの設定変更 >クレジットカードの暗証番号を忘れた際の照会方法と変更方法について
2014年09月07日

クレジットカードの暗証番号を忘れた際の照会方法と変更方法について



スポンサード リンク


お店で暗証番号を求められた際に、番号を忘れてしまいサインに切り替えて利用した方もいらっしゃるのではないでしょうか?

お店の場合はそれでも良いのですが、キャッシングなど機械相手の場合はそうはいきません。忘れたからといって、それらしい番号を何度も試して間違えてしまうと、カード自体がロックされて使えなくなってしまいますので非常に困ります。

そのような場合は、素直にあきらめてカード会社に連絡をして「暗証番号の再発行手続き」をすることをおすすめします。

暗証番号を忘れた場合の照会方法とは?


では、具体的に暗証番号の再発行手続きをするためにはどのような手順を踏めばいいのでしょうか。

基本的にはどこのカード会社もインフォメーションセンターに電話をするか、カード会社のWebサイトから再発行手続きをします。なお、電話の場合は24時間・年中無休の「自動音声案内」が基本となります。

手順は音声ガイダンスに沿って進めていくだけですのでとても簡単です。再発行手続きが完了しましたら、後日書面にて自宅に郵送されます。
※電話での回答は個人情報保護のため、すべてのカード会社で対応不可となります。

一部だけではありますが、カード会社の問い合わせ先を紹介しておきます。

暗証番号の変更方法とは?


現在使用中の暗証番号から新しい暗証番号に変更したい場合には、照会の時と同様にインフォメーションセンターに電話をするか、カード会社のWebサイトから申し込みをします。

こちらも電話の場合は、自動音声案内となりますので、音声ガイダンスに沿って進めていきます。

手順としては、カード会社に電話をする ⇒ 暗証番号変更の該当番号を押す ⇒ 会員番号を押す ⇒ 現在の暗証番号を押す⇒新しい暗証番号を押す※確認のために2度入力する ⇒ 変更完了となります。

暗証番号の管理について


暗証番号の管理については不正利用防止のためすべてのカード会社が注意を促しています。

具体的には、4桁の暗証番号を第三者に推測されやすい番号にしたり、第三者に見られやすい場所に書き留めたり暗証番号を記入したメモなどと一緒にカードを保管したりしないようにすることです。

<<推測されやすい暗証番号としては>>
  • 生年月日
  • 自宅や勤務先の電話番号
  • 住所の番地を組み合わせた番号
  • 車のナンバー
などがあります。

<<推測されにくい暗証番号をしては>>
  • 家族の誕生日
  • 結婚記念日
  • 学籍(社員)番号
などがあります。

最後に、海外旅行(特にヨーロッパ)でカードを利用する予定がある方は、暗証番号がわからなければカードが利用できない場合もありますので、不安な方は再発行手続きをしておくことおすすめします。

スポンサード リンク

posted by 真田 at 16:26 | カードの設定変更 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。