Top知って得するカード利用 >公共料金をクレジットカードで支払ってお得にポイントGET!
2014年03月15日

公共料金をクレジットカードで支払ってお得にポイントGET!



スポンサード リンク


毎月必ず支払わなければならない公共料金。これを何とか節約する方法はないものか...皆さんの中にも1度や2度考えた事があるのではないでしょうか?

公共料金の節約術として最も効率が良くお得な方法はやはりクレジットカード払いにする事だと思います。現金払いでは料金を支払って終わりですが、カード払いにした場合は支払い金額に応じてポイントが貯まっていきます

貯まったポイントは商品と交換したり、キャッシュバックしてくれるなど様々な特典を受ける事ができます。年間を通して見るとすごい金額となりますので、まだ口座振替やコンビニ払いにしている方がいましたら、この機会にぜひカード払いに変更される事をおすすめします。

また、様々な特典を受けられる以外にも公共料金の管理がとても楽になるといった利点もあります。電気、水道、ガスなど複数の請求書を管理しなくても、カード会社から毎月送られてくる利用明細書が一枚あればすべて管理する事が出来ます

では、そもそも公共料金にはどういった支払いがあるのでしょうか。

公共料金の支払いには何がある?


  • 電気・ガス・水道
  • 電話料金
  • 通信費
  • 放送料金
  • 新聞
  • 国民年金
などなど他にもたくさんありますが、総じて私達が生活していくうえで必ず必要となるものばかりです。 必ず必要な経費だからこそ少しでも節約する事が重要ではないでしょうか。

それでは、ごくごく一部ではありますがクレジットカード払いが可能な公共料金を紹介をしていきます。

クレジットカードで支払い可能な公共料金


電気料金
北海道電力 / 東北電力 / 北陸電力 / 東京電力 / 中部電力 /
関西電力 / 中国電力 / 四国電力 / 九州電力 / 沖縄電力

<<電気料金をクレジットカード払いにする際の注意点>>

電気料金をクレジットカード払いにすると損をしてしまうケースがあります。それは、多くの電力会社では『口座振替割引サービス』と呼ばれる、電気料金を口座振替で支払った場合のみ適用される割引があるためです。

このサービスはカード払いには対応していませんので、変更する際には注意が必要となります。
下記に割引サービスを実施している電力会社を紹介します。

電力会社の『口座振替割引サービス』料金一覧
※月額割引および税込価格
  • 東京電力 54円
  • 関西電力 52.5円
  • 北陸電力 52.5円
  • 中国電力 52.5円
  • 四国電力 52.5円
  • 九州電力 52.5円
  • 中部電力 52.5円
  • 北海道電力 割引なし
  • 東北電力 割引なし
  • 沖縄電力 割引なし
東京電力を例としてあげると割引は54円となりますので、還元率が1%のクレジットカードの場合だと、月の電気料金が5,400円を超える場合はカード払いで、超えない場合は口座振替で支払う方がお得となります。

割引サービスがない電力会社の場合は、カード払いにするだけでお得になりますので変更をおすすめします

ガス料金
北海道ガス / 宮城県仙台市ガス / 東彩ガス / 京葉ガス / 千葉ガス / 東京ガス / 北陸ガス / 中部ガス /
東邦ガス / 名張近鉄ガス / 四国ガス / 大和ガス / 大阪ガス / 山口合同ガス / 広島ガス / 河内長野ガス / 西部ガス / 豊岡エネルギー / 静岡ガス / 日本ガス / 岡山ガス / 東部ガス
水道料金
東京都水道局 / 東京都武蔵野市水道料金 / 神奈川県水道局 / 神奈川県横浜市水道局 / 岐阜県笠松町水道課 /
三重県玉城町上下水道課 / 三重県尾鷲市水道部 / 兵庫県猪名川町 / 尼崎市水道局 / 広島県三次市水道課 /
福岡市水道局 / 香川県丸亀市
電話料金
KDDI / NTTコミュニケーションズ / ソフトバンクテレコム / QTNet / ケイ・オプティコム /
フュージョン・コミュニケーションズ / NTT東日本 / NTT西日本 / 九州電話 / 東京電話
携帯電話
NTTドコモ / SoftBank / au / WILLCOM / イー・モバイル
プロバイダ
OCN / @nifty / BIGLOBE / Yahoo!BB / AOL / So-net / hi-ho
放送料金
NHK / USEN / WOWOW / スカイパーフェクTV
新聞
中国新聞 / 北日本新聞 / 北陸中日新聞 / 朝日新聞 / 産経新聞 / 日本経済新聞 / 毎日新聞 / 読売新聞 /
東京新聞 / 西日本新聞 / 中日新聞

特定のクレジットカードを選んでさらにお得に!


一部のクレジットカードでは公共料金の支払いをカード払いに設定するだけ、通常の2倍のポイントがつくなどの特典がある場合があります。

例えば『VIASOカード』は、携帯料金やインターネットプロバイダをカード払いにするとポイントが通常の2倍たまるサービスがあります。※特定加盟店に限る

これらを有効活用すればさらにお得となります。

公共料金をカード払いにした際の注意点!


  • クレジットカードにはそれぞれ有効期限が設けてあり、期限が近づくと自動的にカード会社から新しいカードが送られてきます。その際、カード番号に変更はありませんが有効期限がかわってしまいます。有効期限が変わると改めて申し込みが必要な会社もありますので、更新前には一度確認したほうが良いかと思います。

  • カードを再発行する場合には、カード番号自体が変わるためすべてにおいて改めて申し込みをする必要があります。

  • カードを解約する場合には、忘れずに別の支払方法に変更しておく必要があります。そのカードで支払い契約を結んでいる会社には、解約した情報は通知されません。その結果、カードは使えない(ポイントも利用履歴も見れない)状態で、引き落としだけが続く事になってしまいます。


スポンサード リンク

posted by 真田 at 16:09 | 知って得するカード利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。