Top基本知識 >クレジットカードを利用する時に発生する2つの手数料とは?
2014年02月20日

クレジットカードを利用する時に発生する2つの手数料とは?



スポンサード リンク


商品を購入した際に発生する2つの手数料とは?


クレジットカードで商品を購入した際に、発生する手数料には大きく分けて2つあります。それは、

1) 支払い回数による手数料(金利)
2) 加盟店手数料


となります。それでは一つずつ見ていきます。

1)支払い回数による手数料(金利)

これは、私たちがカード会社に支払う手数料となります。もちろんカードを利用すれば必ず手数料を支払う必要があるわけではなく、支払い回数により変わってきます。

手数料が発生しない支払い方法は?
  • 1回払い

  • ボーナス一括払い

  • 分割払い(2回まで)

となります。では逆に、手数料が発生する支払い方法は?
  • 分割払い(3回以上)

  • ボーナス2回払い

  • リボ払い

となります。分割手数料率はカード会社によって異なりますが、いずれの場合も回数が増えるごとに手数料も増えていきます。中でも『リボ払い』の利用には、特に注意が必要となります。


2)加盟店手数料

これは、私たちが購入した商品代の数%を、お店側(加盟店)がカード会社に支払う手数料となります。支払う手数料は業種やカードブランドにより異なりますが、おおよそ3%〜7%程度となっています。

まれに、お店側がカード会社に支払うべき手数料を、購入者側に請求してくるお店もありますので注意が必要となります。この行為は、『加盟店契約違反』となりますので、私たちは一切支払う必要はありません。もし発覚すればお店側はカード会社との契約を切られてしまい、カード決済が出来なくなってしまいます。

ではなぜお店側は手数料を負担してまで、カード決済にしているのか?それは、手数料を支払う以上のメリットがお店側にあるからだと思います。中でも一番のメリットは、現金が足りない事による売り逃しを減らせる事ではないでしょうか。

もし、加盟店手数料を請求されたら?


まずは、加盟店手数料は消費者が支払う必要がない事を伝えます。それでも請求してくるようであれば、現金払いにした後にカード会社へ連絡をします。

もしカード決済が終わった後で気がついた場合は、カード会社へ連絡をすれば返金してもらう事ができます。ただし、すべてのカード会社が対応してくれる訳ではありませんので、カード決済をする前に対応するのが一番ではないでしょうか。

たまに通常価格と現金特別価格の2通りに分けているお店や、現金払いならポイントは5%付きますがカード払いなら3%になります。というような事を聞きますが、やはり手数料との兼ね合いなのでしょうかね。

スポンサード リンク

posted by 真田 at 21:34 | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。