Top基本知識 >クレジットカードの5つの国際ブランドの違いとは?
2014年01月22日

クレジットカードの5つの国際ブランドの違いとは?



スポンサード リンク


5つの国際ブランドとは?


クレジットカードの国際ブランドは大きく分けると下記の5種類だけとなります。

1) VISA(ビザ)
2) JCB(ジェーシービー)
3) MasterCard(マスターカード)
4) American Express (アメリカンエキスプレス)
5) Diners Club(ダイナースクラブ)


これら5つは、『国際クレジットカード』とも呼ばれています。

それでは、一つずつ見ていきます。

1) VISA(ビザ)

世界ナンバー1のシェアを誇る国際ブランドです。世界中どこへ行ってもほとんど使えますので、国際ブランドをどれにするかで悩んでいるなら『VISA』にして間違いありません。

日本国内で使用する場合でも、JCBに次ぐ2位の発行実績を誇りますので全く問題ありません。ちなみに、VISAではクレジットカードの発行はしておらず、三井住友などの銀行系や信販系、流通系の企業と提携してそれぞれの企業がカードを発行しています。

2) JCB(ジェーシービー)

5つの国際ブランド中で唯一『日本発祥のクレジットカード』となっており、日本国内のシェアもVISAを抑えてナンバー1となります。国内での加盟店数も一番多いので使えない事はほとんどありませんが、海外での加盟店の数はまだまだ少ないのが現状です。

少ないとはいえ、ハワイなどの日本人がよく行く観光地では問題なく使えますので困る事はあまりないと思います。日本発唯一の国際ブランドですので、日本人なら1枚は持っていても良いのではないでしょうか。

3) MasterCard(マスターカード)

世界ナンバー2のシェアを誇る国際ブランドです。加盟店の数もVISAとほぼ同じくらいですので、国内外を問わず問題なく利用する事が出来ます。

ただ、極まれにMasterCardのステッカーが貼ってあるお店でも利用できない事があります。これを『マイナーマスター問題』といいます。

一般的にVISAはアメリカ方面、MasterCardはヨーロッパ方面に強いとされています。こちらもVISAと同様にクレジットカードの発行はしておりません。

<<マイナーマスター問題とは?>>

当初日本では『DCカード』『UCカード』『UFJカード』の3社が、MasterCardのブランドを普及させてきました。この3社を『メジャーマスター』と呼んでおり、他のカード会社が新しく発行したMasterCardを、メジャーマスターが普及させたお店で使おうとすると利用出来なくなる現象の事です。ただし、現在では解消されていますので心配する必要はありません。

4) American Express (アメリカンエキスプレス)

通称Amex(アメックス)と呼ばれています。世界的には加盟店の数もそれほど多くありませんが、日本国内ではJCBと提携しているため問題なく利用する事が出来ます。

ただし、すべてのJCB加盟店で利用できる訳ではありませんので注意が必要となります。アメリカやカナダといった北米に強いとされています。

アメックスは、T&E(トラベル&エンターテインメント)におもむきを置いていますので、旅行好きな人にはおすすめのカードとなります。昔から富裕層を中心に人気があります。

5) Diners Club(ダイナースクラブ)

アメックス同様に富裕層がメインとなりますが、こちらの方がワンランク上となっています。顧客は主に、医者や弁護士など社会的に地位が高い職種の人が多いとされています。

他の国際ブランドに比べて加盟店の数も少なく、利用できるお店も高級店ばかりと不便さを感じるカードとなりますが、なによりもステイタスとして持っている事の方が多いようです。

ダイナーズは自社発行カードのみとなっており、世界で最初に登場したクレジットカードです。取得難易度、歴史どれを見ても憧れのカードにふさわしいナンバー1クレジットカードではないでしょうか。

以上が代表的な5つの国際ブランドとなりますが、それ以外にもアメリカ中心で利用できる『Discover Card(ディスカバーカード)』や中国発の『Union Pay(中国銀聯 )』があります。

もし、クレジットカードのブランドをどこにするかで悩んでいる人がいましたら、正直どれを選択してもほとんど差はありませんので、ご自身の好みで決められていいと思います。どうしても決められない人には『VISA』をおすすめします。

スポンサード リンク

posted by 真田 at 23:15 | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。