Top紛失・盗難・不正利用 >クレジットカードを紛失した場合に取るべき2つの行動とは?
2013年12月03日

クレジットカードを紛失した場合に取るべき2つの行動とは?



スポンサード リンク


紛失や盗難に気付いた時点で、最初に取るべき行動とは?


国内や海外でクレジットカードを紛失したり、盗難の被害にあった場合は、速やかにカード会社へ連絡をし、カードを利用停止にします。

カード会社への連絡が遅くなればそれだけ、不正利用の被害にあう確率もあがってしまいますので、まずは連絡をして、利用停止にする事がとても重要となります。その後、カードの再発行手続きを行います。

紛失や盗難にあった場合の連絡先は?


クレジットカード会社には、紛失・盗難受付デスクと呼ばれる専用の窓口が設置されていますので、紛失や盗難の被害にあった場合は、そこに連絡をして手続きを行う事が出来ます。

最近では、土曜、日曜、祝日、さらには24時間体制で対応してくれるカード会社も増えてきていますので、もしもの時に備えて、携帯電話や手帳などにカード会社の連絡先を控えておく事をおすすめします。

カードを利用停止にした後に、取るべき行動とは?


カード会社に連絡をした際に指示があるとは思いますが、最寄りの警察署に紛失・盗難届けを出し、『盗難届証明書』をもらいます。この証明書は、盗難保険の手続きをする上で必ず必要となります。

盗難保険とは?


すべてのクレジットカードには、不正利用の被害にあった場合の救済措置として『盗難保険』が付帯されています。

これは、第三者によってカードが不正に使用されたと認められた場合のみ、発生した損害額をカード会社が全額補償してくれるというサービスです。

盗難保険が適用されないケースについてはこちらへ→クレジットカードが不正利用された!対処方法と6つの対策とは?

紛失や盗難にあった場合の手順(まとめ)


  1. 速やかにカード会社に連絡をし、クレジットカードを利用停止にする。
    その後、カードの再発行手続きをする。

  2. 最寄の警察署へ、紛失、盗難届けを出し、後日盗難届証明書を受け取る。


クレジットカードを再発行する場合に審査はある?


カードを再発行する際には、ほとんどのカード会社で再審査を設けています。ただし審査といっても、これまでの利用状況を確認する程度ですので、頻繁に延滞をしていなければすぐにカードを発行してくれます。

また、カードが再発行された場合には、カード番号も変わりますので、公共料金などをカード払いに設定している場合は、改めて申し込みが必要となります。

貯めたポイントは消滅する?


カードを再発行した場合でも、新カードへの移行手続きを行えば、今まで貯めたポイントはそのまま移行されます。

紛失したカードが見つかった場合は?


クレジットカードの再発行手続きをした後に、紛失したカードを発見した場合でも、そのカードはすでに利用出来なくなっていますので注意して下さい。

スポンサード リンク

posted by 真田 at 21:55 | 紛失・盗難・不正利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。