Topカードの利用停止・トラブル >クレジットカードが使えない!?利用停止になる10つの原因!
2013年11月13日

クレジットカードが使えない!?利用停止になる10つの原因!



スポンサード リンク


クレジットカードが使えなくなる10つの原因!


お店でクレジットカードを使おうとしたら、店員さんに「このカード使えませんが・・・」って言われた事、ありませんか?
では、どのような原因(理由)があって、カードが使えなくなるのでしょうか。その原因として考えられるのは、下記の10つとなります。

1) クレジットカードの利用限度額を超えていた。
2) 延滞をしていてカードの利用を止められていた。
3) 磁気の異常が発生した。
4) 暗証番号が間違っていた。
5) 有効期限が切れているカードを利用していた。
6) 不正探知システムにる利用停止。
7) ショップ店員のミス。
8) クレジットカード会社と提携してない加盟店(販売店)だった。
9) クレジットカード現金化による利用停止。
10)支払い能力による利用停止。


それでは、一つずつ解説していきます。
1) クレジットカードの利用限度額を超えていた。

カードが使えない理由として、最も多いのではないでしょうか?
カード会員には、あらかじめ利用可能な限度額が設定されていて、その上限額をオーバーしてしまうと、カードを使用する事が出来なくなってしまいます。利用限度額とは、1ヶ月単位で利用できる金額ではなく、カードを利用する事が出来る上限金額となっています。

2) 延滞をしていてカードの利用を止められていた。

利用代金の引き落とし日に、銀行口座の残高不足によって、引き落としが出来なかった場合は、カードが利用停止になる場合があります。

延滞とは、各クレジットカード会社が指定している引き落とし日に、引き落としが出来なかった状態の事を言います。

3) 磁気の異常が発生した。

クレジットカードの裏面を見ると、黒い帯状の部分があると思います。そこが磁気と呼ばれていて、その部分が異常をきたして使えなくなる事があります。

カードの磁気自体の問題であれば、カードを再発行してもらう必要がありますが、電子機器や、磁力を発する物が近くにある事で、異常をきたす場合もあります。

4) 暗証番号が間違っていた。

ICチップが内蔵されているクレジットカードを使用し、さらにお店側も、それに対応した端末を導入していた場合は、サインではなく暗証番号の入力を求めてきます。

その際、暗証番号を間違えてしまうと、カードを使う事が出来なくなってしまいます。カードを複数枚持っていて、それぞれ暗証番号も違うと、間違えてしまいそうですね。

5) 有効期限が切れているカードを利用していた。

クレジットカードの更新日が近付くと、カード会社から新しいカードが送られてきます。新しいカードが届いたら、古いカードはハサミなどでカットして、処分される事をおすすめします。
有効期限は、カード表面に書いてある「MONTH / YEAR」などで確認する事が出来ます。

6) 不正探知システムにる利用停止。

不正探知システムとは、カード利用者の購入した商品履歴、利用した場所や時間帯などの傾向をデータベース化し、カード会員がそれらとは違う行動パターンなどをすると、自動的にコンピュータがカードを利用停止にするシステムの事です。

主に海外での使用で、利用停止になってしまう事が多いので、海外へ行かれる前には一度、カード会社へ連絡しておくと良いかと思います。


7) ショップ店員のミス。

お店でカードを利用した際に、店員の方が慣れていなくて、操作間違いをした事によってカードが使えなくなる事があります。

8) クレジットカード会社と提携してない加盟店(販売店)だった。

最近では、ほとんどのお店でクレジットカードを利用する事が出来きますが、すべてではありませんので注意が必要となります。また、加盟店であった場合でも、ご自身が持っているカードのブランドが、対応しているかどうかの確認も必要です。

お店の入り口やレジの前には必ず、利用可能なブランドのロゴ(VISAやJCBなど)がありますので、カードを使用する前には確認する事をおすすめします。ご飯を食べた後にカードで支払うつもりが、カードが使えず、手持ちもないって事になると大変ですよ・・・。

9) クレジットカード現金化による利用停止。

すべてのクレジットカード会社は、規約により『クレジットカード現金化』を禁止していますので、発覚すれば利用停止になってしまいます。

クレジットカード現金化とは、お金を借入できるキャッシング機能とは違い、ショッピング枠を利用して現金を手にする行為の事を言います。

主に業者を通して行われる事が多いのですが、業者から商品をカードで購入し、その場ですぐに買い取ってもらいます。もちろん、購入した金額より、少ない額での買取りとなります。

業者の利益は、その差額分となっており、カード利用者は、その分損をしますがすぐに現金を手にする事が出来ます。ですが、その差額分はキャッシングなどで借入するよりも、高い金利になる事の方が多いため、最終的には債務が膨らんでしまう危険性があります。

10)支払い能力による利用停止。

ローンを組んで、高額商品を購入しようとした際、カード会員の支払い能力を疑われて、利用停止になってしまう場合があります。


この他にも、カードが使えなくなる原因はあると思いますが、上記10つが代表的な例ではないでしょうか。

利用停止から再開までの期間についてはこちらへ→クレジットカードが利用停止になった!復活するまでの期間は?


スポンサード リンク

posted by 真田 at 17:05 | カードの利用停止・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。