Topカードの利用停止・トラブル >クレジットカードの引き落とし日に残高不足。気になる4つの事!
2013年11月10日

クレジットカードの引き落とし日に残高不足。気になる4つの事!



スポンサード リンク


クレジットカードの利用代金が、引き落とし日に引き落としされない主な原因は、『銀行口座の残高不足』によるものとなります。また、各クレジットカード会社が指定している引き落とし日に、引き落としが出来なかった状態の事を『延滞』と呼びます。

残高不足になってしまう原因(理由)は?


残高不足にならないよう気を付けてはいたんだけど、引き落とし日に入金ができない、又は、間に合わなかった原因としては、何があるでしょうか?

・忙しかったので入金を忘れていた。
・引き落とし前に予想外の出費が発生した。
・予想金額より引き落とし額が多かった。


他にも色々と原因はあると思いますが、総じて『ついうっかりしていた』というのが多いのではないでしょうか。

引き落とし日に残高不足。どうなるの?


引き落とし日に残高不足によって、引き落としが出来ず延滞となった場合には、ペナルティーはあるのでしょうか?
気になるのは下記の4つではないでしょうか。

1) クレジットカードが利用停止になってしまうの?
2) 延滞金は発生するの?
3) ブラックリストに載ってしまうの?
4) 解約させられてしまうの?


それでは、一つずつ見ていきます。

1) クレジットカードが利用停止になってしまうの?

クレジットカード会社によって異なりますが、基本的にはすぐに利用停止なるわけではありません。

残高が足りず、引き落としが出来なかった場合、ほとんどのカード会社から『再度口座引き落とし』をしますという通知や連絡が来ますので、その日までに代金を入金していれば問題ありません。もちろん、早める事が可能であればすぐにでもカード会社に連絡をして入金した方が良いです。

最近では、一度の延滞であっても振込みが確認されるまで、利用停止になるカード会社が多くなっていますので注意が必要です。

ですが、指定された日に入金が間に合わず、その後の再引き落としにも応じなかった場合は、クレジットカード会社から利用停止の通知が届き、カードを使用する事が出来なくなってしまいます。(直接電話が掛かってくるカード会社もあります。)

2) 延滞金は発生するの?

延滞をすると「遅延損害金」が発生してしまいますが、「グレースピリオド」と呼ばれる、延滞をしても延滞金を請求されない猶予期間がカード会社にはありますので、すぐに支払いをすれば延滞金が発生しないケースもあります。

遅延損害金とは返済期日を守らなかった場合に発生する損害賠償金のことです。ちなみに、ショッピングの場合は年利14.6%が上限となり、キャッシングの場合は金利の1.46倍までと法律によって決められています。
算出方法は以下の通りです。

<<ショッピングの場合>>
請求元金 × 遅延損害金年率 ÷ 365(日) × 支払い期日経過日数 = 遅延損害金

<<キャッシングの場合>>
借入残高 × 遅延損害金実質年率 ÷ 365(日) × 支払い期日後経過日数 = 遅延損害金

3) ブラックリストに載ってしまうの?

すぐにブラックリストに載ってしまう事はありませんが、カード会社の内部情報データには、記録として最低でも5年位は残ってしまいます。しかし、クレジットカード会社からの督促状にも応じなかった場合には、ブラックリストに載ってしまいます。

一般的には、カード会社の引き落とし日から61日以上経過しても、入金が確認出来なかった場合に、ブラックリストに掲載される事が多くなっています。

どんな諸事情があった場合でも、一度、個人信用情報機関に『事故情報』として記録されてしまうと、5年間は消えませんので注意が必要となります。

4) 解約させられてしまうの?

こちらも、すぐに解約させられる事はありませんが、やはり延滞を繰り返していれば、強制解約させられてしまいます。



最後に。


クレジットカードの利用代金を、給料日などの関係でカード会社本来の引き落とし日ではなく、再引き落とし日での引き落としを繰り返している方がいらっしゃいましたら、すぐにでも改善された方が良いかと思います。

毎月きちんと支払いはしているから問題ないと思うところではありますが、本来の引き落とし日から一日でも遅れた時点で、延滞扱いとなってしまいます。

確かに、1度や2度の延滞ではペナルティーを受ける事はほとんどありませんが、頻繁に行っていると高い確率でカードを使用できなくなるなどの措置を取られます。

もしも、ブラックリストに載ってしまうような事にでもなったら大変ですよ。


クレジットカード会社はあくまで、カード会員の利用代金を立て替えているだけですので、引き落とし日に残高不足にならないように、前もって預金残高を確認される事をおすすめします。


スポンサード リンク

posted by 真田 at 16:37 | カードの利用停止・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。